レンタルボートスタイルはめんどくさいよ♪でも何にも代え難い価値を楽しみたい。

スポンサーリンク

ボートフィッシングをするようになって、エレキをはじめ準備するものが増えました。

陸っぱりに比べると全く手軽じゃないし、特に片付けなんてめんどくさい以外の何でもない。

でも、そのめんどくささがたまらなく好きです。

 

 

春は少しずつ…。

 

本日もご覧いただきありがとうございます!

Ryoです。

今日の山梨は春らしい陽気で、吹く風も温かったです。

明日はぐっと冷え込むようですが、それでも日中の気温は今後10度を超える日が続くようで、水温も徐々に上がるでしょう。

週末の千代田湖の水温が楽しみです。笑

 

 

二機掛け

 

昨年末にハンドコンを購入しました。

 

そして、先日ようやくローボートにハンド、フットを取り付けて浮くことができました。

単純に荷物が増えて、一見めんどくさいのですが、めんどくさいのは準備の段階だけで、いざ釣りをしていると、その機動力がかなり快適であることが分かりました。

 

 

高性能魚探

 

 

スポンサーリンク

つまり、パソコンをボートの上に乗せているのと同じことだ、と私は解釈しています。

すごーく気を遣います。笑

慣れてないこともあるかと思いますが、準備時間がかかるようになりました。

でも、釣りをしている時はこの上なく信頼のできる相棒なわけです。

 

 

思考錯誤

 

ボート上に物が増えると、いかに快適に釣りをできるか、を考えはじめ、物の配置を思考錯誤します。

今の私はそれを考えるのがものすごく楽しい。笑

 

ここにバッテリーを置いたらどうか?

コードを延長すればもっと楽か?

 

どうすれば快適に釣りをできるか、妄想する時間が増えました。

 

 

レンタルボート

 

こんな悩みはレンタルボートだからこそなんでしょうね。

めんどくさいけど、エレキなどのボートパーツを持ち込んで、取り付けて、自分だけの船を作りあげて出船していく。

きっと私はそこにおもしろさやカッコよさを見出して楽しんでいるんだと思います。

そして、非日常の世界を楽しんでいるのです。

 

まとめ

 

先日の千代田湖釣行の際に準備をしていて、ふと思ったんですよね。

 

なんで、こんなに荷物持ち込んで準備してるんだろって。

でもそれは決して自分を否定しているのではなく、こんなめんどくさいことしてる俺好きだなって笑えてきたんです。

そして、このめんどくさいことをしていて出会えた人たちもいるわけで…

これからもレンタルボート釣行を楽しもうと思った、というお話でした。

 

それでは!

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です