【NZクローラー】個人的には音が気に入った。それはクロール音ではなく…

スポンサーリンク

デプスから発売されている【NZクローラー】。

たまたまタイミングが合い、手に入れることができました。

 

デカい羽根モノ

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

ここ最近のルアーって、欲しけりゃ迷うことなく買うべきなタイミングが多いですよね。

特に人気のルアーは偶然売り場にタイミングよく居れたら、即買うべき。

 

今回手に入れた【NZクローラー】も同様で、”使ってみたいな~”と思ってはいたものの、やはり購入できるタイミングに巡り合えず。

それがようやく巡ってきた、という感じです。

 

SPEC

 

 

length:134㎜

weight:3ozclass

color:10(+ルアマガオリカラ2種)

手に入れたのはレインフロッグというカラー。

 

今回はZODIAS176MH-G、14スコーピオン200、マシンガンキャスト20lbの組み合わせでキャストしました。(陸っぱり)

キャストした感じは…ギリギリかな、という感じでした。汗

3ozクラスのルアーは初所持ですね。やはりこのウェイトは伊達じゃない!

 

アクション

 

 

連結部分が横に振れるわけではなく、ロールして動くので、ボディ全体が水面をモジモジしている感じです。

限られたスピードの中でゆっくりかつ魅力的にバスにアピールしていると思われ。

個人的にはデッドスローよりもやや早めにリーリングした時のアクションが好きですかね。

スポンサーリンク

 

そしてボディのボリューム感。

私の手持ちの羽根モノシリーズにはない、唯一無二フラットワイドボディ。

メガポンパドールが音でその存在感を出すのであれば、【NZクローラー】はその存在感でアピールしているような気がします。

 

ペチャーン!

 

 

そのボディが生み出す着水音。

よく魚が跳ねて水に体を打ちつける”ペチャーン”という音に近い着水音が奏でられます。

”ドボーン”ではなく、”ペチャーン”。

 

ちょっとした差ですが、この【NZクローラー】を気に入った一番のポイントです。笑

 

そろそろ

 

1ルアー投げ倒し日、もしくは時間を作らないとなりませんね。

まだまだ【NZクローラー】を含めて、キャストしきれていないルアーはたくさんありまして…。

ただそれはいつになるのかなぁ…汗

 

まとめ

 

【NZクローラー】のプチにもほど遠い、インプレにすらなっていない…感想文でした。笑

今後使っていく中で気づきがあれば書いていきたいと思います。

 

 

(NZスマイル。可愛い♡)

 

それでは!!

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です