メータークランク2m。私が愛したクランクベイト。

スポンサーリンク

私のタックルボックスの中には、同じルアーで複数個あるものは、そう多くないです。

それは集めたくなるぐらいルアーに出会えていないということなのか。

 

そのような中で、唯一複数個あるのが、メータークランク2m(ノリーズ)です。

なぜ?と言われると、それは愛着があるからとしかいいようがないのですが。

 

出会い

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

ここのところ、日中は汗ばむような陽気ですが、夜になると一気に涼しくなりますね。

秋を感じるこの頃ですが、今年は例年になくクランクを巻きたい気分に襲われています。

 

 

さて、みなさんはクランクを使う際には、”とりあえずこれを投げよう”と基準にしているクランクはありますでしょうか?

(この考え方自体、間違っているかもしれませんが)

 

私の場合、それがメータークランク2mです。

 

このクランクとの出会いは、私が釣りを再開した4年前。

とりあえずなにかクランク欲しいなぁ~程度の気分で中古屋のクランクコーナーを漁っていると目に入ったのが、

特徴的なリップ、顔の形をしたクランクでした。

そして腹部には”meter crank 2m”の文字。

 

当時、ルアーを探す際に常に見ていたのが、”タックルインプレッション”というインプレサイト。

早速検索してみると、なかなかな高評価。

 

いやいや信じてなるものか、と今度は試しにyoutubeでアクションを見るために検索して見ると、僅かながら動画が!!

 

[ youtubeより ]

 

スポンサーリンク

 

 

田辺さんの「市場から消えたシリーズであるが、2mだけは必要性を感じた」という趣旨の発言を完全に信用し、”絶対釣れると思い込み”使い続けたというわけです。

すると、そこから少しずつ愛着が沸いてきたんです。

 

釣果

デカバスを釣ったことはありません。笑

釣れても、35cmくらい前後を十数本程度。

今思うと、結構スローリトリーブで使っていたかも。

最近は早巻きが主体だったので、改めて見直さなければなりませんね。

 

アクション

動画内でも説明があったように、ワイドウォブルアクションです。

ゆっくり巻いても、手元に心地よくブルブルが伝わります。

また、ラトルインなのですが、かなり大きめのサウンドがします。

 

まさに、クランクらしいクランクと言えるかもしれません。

 

短所

前後のフックが高確率で絡みます。

こまめにチェックする必要があります。

 

じゃなくていい

と、ここまでインプレのような書き方になってしまいましたが、やはり市場から消えてしまった”メーターシリーズ”の生き残り。

いまさら、使ってみようなんて思う人はあまりいないのではないでしょうか。笑

別にこのクランクじゃなくていいんじゃない?と。

 

 

たしかに、そうです。

私自身、この2mにこだわらなくてもいいのでは?と思うのです。

ただ上手く言葉にできないのですが、私はこのルアーが好きなんです。

 

例え実釣で使わなくても、見つければ、思わず購入してしまうくらい、なぜだか思い入れのあるルアー。

この世に存在する数はもう限られているので、手に入れられるのであれば、いくらでも手に入れたいですね。

そのほとんどが、おそらく¥500以下でしょうし(中古でしか遭遇しないため)。

 

 

まとめ

ということで、今日は、”いろんなクランクベイトが発売されているけれど、なぜだがメータークランク2mという古いクランクにとりつかれているよ”というお話でした。笑

みんながみんな、同じものを使う必要はありませんからね。

そうしたら、なんだかますます愛着が沸いてきます。

ひねくれ者ですいません。笑

 

性能がいいクランクを使うことも、もちろん釣果を伸ばすポイントかもしれませんが、

結局は信じて巻くことが一番大切な気がします。

 

そういう精神論の域の話になる場合、この”愛着”という感情が釣果の原動力になる可能性は十分ありえる・・・というお話でした。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です