【フロッグ】ソフトボディと金属パーツのアンバランス!?は1つ持ってて損はない。

スポンサーリンク

ソフトなボディが特徴のフロッグ。市場にも多くありますね。

そこを金属パーツを付属したフロッグで探すと意外と数は多くないと思います。

さてどんなフロッグがあるでしょか?

 

テッケル ホンカー

 

カエルの足を模したような左右非対称のブレードが左右についているタイプのフロッグ。

キャストして巻いてくるとブレードが回ることによるフラッシングや、ブレードがぶつかり合うサウンドを鳴らしてバスを誘うことが出来るフロッグです。

ホンカ―はもともと持っていなかったのですが、5月のフロッグオンリーの大会で感銘を受けまして(笑)、

 

その後購入にいたりました。ブレード2枚をぶつけて音を奏でられるってところが特徴だと思います。

 

フロッグ=首振りさせるイメージがありますが、ホンカ―に関しては出来なくはないけれど、やりやすいとは言えなかったです。

 

ディープフォレスト キュー

 

 

先日の牛久沼では手が震えるブタバスを連れてきてくれたコンパクトフロッグです。

 

実は先にあげたフロッグ大会にて、ミクラに次ぐ新しいフロッグが発売されることを知り、発売を首を長くして待っていました。

ミクラとほぼ同サイズのボディに計算しつくされたオリジナルブレードがついています。

水面を巻いても良し、またドッグウォークの際にはテールで飛沫をあげることもできるという、小さいながらも秘めたるパワーがあります。

フッキング時にはフックがボディに干渉せず、キレイにバスの口に追従するのでしっかりと決まります。

 

 

ジャッカル カエラS2 ビート

 

先日発売された従来のカエラにブレードチューンがされたモデル。プロデュースしたのは琵琶湖ガイドであると共にアメリカバストーナメントにも挑戦している片岡壮士プロ。

オリジナルのカエラではキャッチしきれなかったバスを獲るために、細部までにこだわりを詰め込んだフロッグのようです。

このフロッグにも2枚のブレードがついています。

私が欲しいカラーが売ってないので購入にいたってませんが、この記事書いてきたら欲しくなってきたなぁ。笑

 

導き出された姿勢

 

世の中には自身でブレードチューンができるフロッグはいくつかあります。

しかし、実際にやってみると、自分のイメージとは違って全くアクションしなくなることが多いです。

世に放たれているブレード付属フロッグって、ブレードとボディの絶妙なバランスが導き出されてるんですね(´艸`*)

”自分でチューンすればいいんじゃない?”という意見もアリだと思いますが、こだわりが詰まったブレードフロッグを1つ試すのもいいんではないかと思います。

 

それでは!ケロケロ。

Thank you for reading!!

 

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です