ブルタンクVSデカダッジの結末。

スポンサーリンク

人気のレイドジャパンルアーの中で、なかなか日の目を見ないルアーが”ブルタンク”ではないでしょうか。

私も発売当時は速攻で購入しましたが、今手元にあるか?と言われると答えはNOです。

 

対をなす

 

ブーム的な流れも重なって、同じトップウォータールアーとして未だに人気なのが”ダッジ”だと思います。

 

これまでイロモノ扱いされがちだった羽根モノルアーを気軽に使えるようにしたことや、羽根モノルアーでバスをキャッチするという絵面のカッコ良さや新鮮さも相まって人気になっているのだと思います。

スポンサーリンク

やはり1ozクラスというののは魅力的だと思います。

そんな中、満を持して登場したのが”デカダッジ”。ダッジがヒット量産ルアーなら、デカダッジは一発逆転ホームランを狙えるルアー。

ただ、扱えるロッドがダッジに比べるとグッと狭まってしまった点が多少アングラーを遠ざけてしまった印象で、これまたダッジに比べると買えなくもないルアーだと思われます。

 

ある意味同じ土俵にいるが…

 

ブルタンクとデカダッジ。共通する部分は水面で誘うルアーであるということだけ。

ブルタンクが一点で巨体を何度も180度ターンしてネチネチ誘えるのに対し、デカダッジはスローにアピールしながら進んでくる…。

つまり狙っているアクションは、どちらも表層系ルアーでありながらまったく違っているわけです。

 

では検証

 

そんな中で行われたのがブルタンクVSデカダッジという検証企画。

果たして結果はどうなったのでしょうかね??

 

それでは!

Thank you for reading!!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です