羽根モノをXG(エクストラギア)で使うのはありなのか?!

スポンサーリンク

先日の日曜日の夕方、アベンタクローラーRSでテンションアゲリシャスな1匹を手にした余韻にいまだ浸っている私です。笑

サイズはもちろんのこと、羽根モノで釣れたこととか狙い通りにバイトしてくれたこととか、色々な要素が合わさって気持ちいい1本だったのでした。

さて、そのRSをキャストしていたタックルなんですが、

タックルデータ
ROD:EXPRIDE 168MH(子連れカスタム)
REEL:SLX MGL 71XG
LINE:フロロ16lb

でした。

実はこれまで私が釣ったことのある羽根モノフィッシュは全てノーマルギア(6.〇)だったのですが、今回はXG(8.2)。

突如ギア比が跳ね上がったわけですが、果たしてXGでしっかりデッドスローを演出できたのか、という話です。

 

出来なくもない

 

答えが曖昧ですが。笑

デッドスロー巻きのしやすさで言えばノーマルギア>エクストラギアだと思います。

エクストラギアでも可能ですが、ハンドルの巻き取りがすごーくスローなので耐えられない人は耐えられないかもしれません。笑

ちなみにこの日、価値ある1匹に出会うのにかかった時間は2時間半途中、違うルアーもキャストしましたが、それでも2時間強はひたすらゆっくり巻いておりました。

それに比べてノーマルギアは巻いてる感がまだ強いから、集中力を維持しやすいと思います。

 

XGだからこそ

 

この日、バイトがあったのが、バスに主導権を奪われればあっという間に巻かれてしまいそうなオーバーハングの際。

スポンサーリンク

もちろんバスに負けないように必死に巻くわけですが、羽根モノってその形状から水の抵抗をすごく受けやすいと思います。

単純にバスのウェイト&パワー+ルアーにかかる水圧を巻いてこないといけない中で、XGのように巻き取りが早いリールの方が有利になると思います。

私は巻きアワセをするのでXGの方がいいのです。XGをさらに早く巻くわけです。ノーマルギアを早巻きしても限界はあると思います。

あとはスイートスポットを過ぎた後の回収の際も、XGは速い=キャスト数が増える。(回収時の水の抵抗も羽根モノはなかなかですからね。汗)

 

ハンドル長

 

とまぁ、ギア比に関して感じたことを書きましたが、とりあえずギア比よりもハンドルの長さが大事かもしれないですね←

長ければゆっくり巻けるし、手首は疲れないし、巻き取る際は力を入れやすい。

私はMAX90㎜のハンドルしかまだ使ったことがないですが、70㎜ハンドルのスコMgを使ったあとだったので、長さによるメリットは大いに感じられました。笑

 

まとめ

 

XGリールを購入する人が多い中で、「XGでデッドスローってどうなんだろう?」と思う方も少なくないかと思います。

私が言えることは釣れると信じて巻くしかないということですかね。笑

そんな時にあんなイイ魚が出現するわけですから、また巻いちゃいますよね~。あぁ、また余韻が…(ページトップに戻る↑)

あくまで一個人の意見なので、ご了承くださいね( *´艸`)

 

 

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です