ミドルレンジを駆け抜ける【レベルシャッドスプリンター68MR】。インプレ。

スポンサーリンク

久しぶりにレイドジャパンのハードルアーを購入しました。というか、出来ました。笑

今でこそレギュラー商品は店頭に並ぶようになったものの、人気アイテムに関しては未だ品薄状態も続いています。

偶然、購入できた【レベルシャッドスプリンター68MR】

”スプリンター”の名を背負うこのシャッドのポテンシャルはいかに?

 

スペック

 

LEVEL SHAD Sprinter 68MR

レングス:68.0mm

ウェイト:5.9g

潜行可能レンジ:2.0~2.2m

カラー:12色

 

今回はスケルトンキャンディとステルスチャートを購入しました。

レイドのルアーカラー、結構好きです(*^-^*)

 

勘違い?

 

実は私、このMRが店頭に並んでいるのを見た時に、「あ、春に買えなかったSR売ってるじゃん!」と思って、MRとSRを勘違いして購入していました。汗

ただ結果的にはここから秋に移行していくフィールド状況を考慮するとMRで良かったかなと前向きにとらえることにしました。

で、実際に良かったですよ。

 

2つのタックルパターン

 

今回スプリンター68MRをキャストするにあたり、使用したタックルは以下の2タックル。

①ZODIAS 158ML+10スコーピオンXT1001+フロロライン10lb
②ZODIAS 260ML-G+ストラディックci42500HGS+PE0.8号+フロロリーダー10lb

私のタックルとしては①がベイトフィネス寄り、②が小型巻物用となっています。

①のタックルでは表記通りの潜行と感じました。

一方、②のタックルではPEラインを使用していることもあり、MAX3mに届くかぐらいの潜行深度でした。

飛距離も②の方がありましたが、①でも最低限キャスト出来ていたように思います。

スポンサーリンク

 

ボディ形状

 

私に手持ちにはあまりない、フラットサイドボディです。手持ちの中ではI×Iシャッドがフラットサイドに近いようにも思いましたが、スプリンター68MRの方が断然スリムボディです。

ボディの明滅効果はかなりあるのではないでしょうか。

 

愚直にまっすぐ

 

アクションはきっちり、超タイトハイピッチアクションです。綺麗にまっすぐ泳ぎます。ハイギアでも。

ただ開封直後ではモノによってはまっすぐ泳がないものもあるので、アイ調節は必要になると思います。

 

秀逸なスローフローティング

 

このルアーを使っていて「おぉ!」と思ったのがスローフローティング仕様。

カナモ氏によればSR・MR共に、このタイプのルアーではSP(サスペンド)が多い中、SF(スローフローティング)にしてあるそうです。これはバンクフィッシング特化ブランドゆえの仕様だと思います。

で、このSFがなかなかいいアクションでして( *´艸`)

単純に浮いてくるのではなくボディを揺らしながら浮いてきます。

アクションはウッド系のフラットサイドクランクを浮かせてくるのに似ています。

高速で巻いてきて、当てて、フラーっと浮かせる…。

巻き特化のシャッドプラグではありますが、スパイス的なアクションになりそうです。

(アクションはPEの時の方がはっきり出ていると思いました。PEが嫌ならばフックサイズを下げるなどすればいいかもしれません)

 

まとめ

 

【レベルシャッドスプリンター68MR】。

水の中も夏から秋に移り行く中、2mより下を探っていくのには扱いやすいパイロットルアーになるような気がします。

エサを求めるバスの目の前を高速で駆け抜けさせちゃいましょう!!

 

それでは!

Thank you for reading!!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です