冬の定番TNシリーズ。【TN80】は単に全長を伸ばしただけではなかった?

スポンサーリンク

TN80(ジャッカル)で75cmのバスが琵琶湖でキャッチされた…。

およそ1週間前ほどだったでしょうか。SNSもザワつきましたね( *´艸`)

”琵琶湖だから釣れたサイズだろうな”と、いつもの私ならそこまで気にしなかったと思うのですが。

使ったルアーがTNだった点は見逃せませんでした。

冬とTNシリーズの相性ってやっぱりいいんですね。

昨年、その片鱗を知る

TNシリーズ自体、そこまであまり使ったことがなかったのが去年の私でした。

そんな時、ふいにイメージした通りに使ったらキャッチ出来たのが去年の初バスでしたね。

そこで終わらず、引き続き使い続けると、さらなるクオリティフィッシュがキャッチできたんですから、いよいよこれは何かあるんだろうなと思い始めました。笑

TN80を購入

カラーはダブルクラッチ金とSKシルエットギル。

ということで、新たな扉を開くため、まだ持っていなかった【TN80】を買ってみました。

TN70と【TN80】。数字だけで見るとわずか10mmの違いなんですが、実際に並べてみるとその大きさが良く分かります。

ウェイトはTN70が17.3gに対して、【TN80】は29.4gと、かなりサイズアップしているんですね。

細かい差を計測

果たして全体的にどれだけサイズアップしているのか、TN70と細かく比べてみました。

スポンサーリンク

水を受ける部分。TN70(左)が8mmに対して、TN80(右)が10mmでした。

お次は体高。TN70(上)が19mmに対して、TN80(下)が25mmでした。

最後は厚み。TN70(上)が9mmに対して、TN80(下)が11mmでした。

こうやって比べてみると、本当にただ単に長くしているだけではないことが分かりますね~。

対ビッグフィッシュ

対ビッグフィッシュ専用を謳っているのがこの【TN80】です。

長さだけでなく、ウェイトや体高も大きくすることで、”バイブレーションなのに水を押す”、という芸当をやってのけるバイブレーションなのかな?と今さらながら思うわけです。(パッケージに”まるでクランクベイトにも似た”と表記されているのはそういうことか?)

TNの魔力、魅力。引き続き、調査してみたいと思います。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です