バズベイトの”そこ”はあまり気にしてみたことはなかったなぁ…。

スポンサーリンク

好きなルアージャンルの1つ、”バズベイト”

そんなバズベイトの”そこ”を気にして選んだことはなかったです。

 

ロアーアームの長短

 

ずばり、”そこ”とはロアーアーム(シャフト)の長さ。

サウンドの違いなどで選んだことはありましたが、ロアーアームの長短でバズベイトを選んだことはなかったなと思います。

 

バズベイトイコール

 

ひっかかりにくい、は1つの特徴だと思います。

スピナーベイトと同じようにフックがシャフトやペラに守られることもあり、高確率でカバーから生還します。

 

ロアーアームの長短がもたらすもの

 

そもそもひっかかりにくいバズベイトではありますが、ロアーアームが長いとカバーに入っていきにくいという欠点があります。ルアーサイズ自体が大きくなってしまいますからね。

 

ひっかかりにくいのと、込み入ったカバーを攻められるはイコールではないと思います。

 

ひっかかりにくさが本領を発揮するのは、キャストしてからの次の作業。つまり、リーリング時です。

これがロアーアームが短くなるとバズベイト自体がコンパクトになるため、カバーを攻める際にバズが果敢に攻め込むことができるというわけですね。

(ただ、短いことによるデメリットもあるようですが)

 

この発想はホントになかったですね。汗

 

手持ち

 

上からマスタブラスタ、02ビート、ボルケーノⅡ、ボルケーノグリッパー

 

グリッパーのロアーアームの長さで十分、長いと思うのですが、

スポンサーリンク

マスタブラスタと比べると全然短いですね(;^ω^)

 

TSURIKO(ツリコ)

 

実はこの気づき、今年から始まった有料釣り動画サイトTSURIKO内のコンテンツ、”マップコータロー”という川村さんが活躍している動画で、実際に川村さんが解説していた内容です。

川村さん、ほんとに陸っぱりだけでなくボート釣行でもガンガン釣りますね。汗

 

動画そのものは有料会員様の特典だと思うので詳しくは書けませんが…。

TSURIKOのコンテンツ、なかなか深い切り口もあるので、結構面白いですよ。

あえて有料のメリットは何か?新たな動画ウェブサービス【TSURIKO(ツリコ)】に登録してみたよ!

2019.03.11

 

 

というか今年、ほとんどバズベイト投げてないや(;^ω^)

まだ出番…あるよね?笑

 

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です