遠征×レンタルボート。いつもと違う状況下において、限りなくいつも通りに振舞えるアイテム。

スポンサーリンク

通い慣れたフィールドの勝手知ったるボートであればいいのですが、

時には自分が普段使っているボート装備が上手く使えないこともあります。

そんな状況をいくらか救ってくれるように、私が準備しているのが以下の2つのアイテムです。

ラムマウント タフクロ―

12ftボートのローボートで釣りをしていて、急遽14ftボートになると、私の場合、魚探の振動子が届かなくなります。

使える!と思った魚探が使えないと、ちょっと嫌ですよね(;^ω^)

その問題を解決してくれるのが【ラムマウント タフクロ―】。

写真のようにボートの側面に挟めるので、一気に問題が解決します。

ただしガッチリ挟み込めるわけではないので、早いスピードで移動する際はズレます。

また振動子の位置を自由にできるので、魚探を用いたシューティングもさらにやりやすくなりますよ!

魚探のフリー架台

スポンサーリンク

ベニヤに魚探の架台を取り付けただけのものですが。笑

普段はバウデッキにパーツを取り付けているので、自分のバウデッキが使えないと魚探が使えません。

そこで写真のようなフリー架台があると、あとはクランプなどで挟み込んで固定すれば、それなりに使えるようになります。(それなりにです。笑)

(この写真の架台はホンデックスのやつなので、ガーミンには合っていません。普段使っているラムマウントのアイテムを使えばより快適になるだろうな。)

また魚探用のバッテリーがなくなったときに電源を確保するのに、魚探そのものを移動させるという強引な方法も使えます。笑

まとめ

最近色んなフィールドに出かけているので、このようなアイテムの存在が光りました。

ちょっとしたものなんですが、あると便利(助かる)ことが多いです。




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です