ルアー縛りで釣りをしてみると…?

スポンサーリンク

theBLADE、THE FROG、THE BATTLEなどなど、今年はルアージャンル縛りの大会が多く開催されているように思います。

”数多あるルアージャンルを縛ってバス釣りするのって、もったいなくない?”という言葉もあるかもしれませんが、

”数多あるルアーの出し所を理解していないと、持ってる意味なくない?”とも言えませんかね。

先日ほぼフロッグオンリーで釣りをしてみたら、普段の釣行の数倍の理解と達成感を味わうことが出来たんです。

フロッグを学ぶはずだったのに

正確にはロッドや、ラインごとのフッキングの違いを確かめられたらいいなと思って取り組んだのが”フロッグ縛り”。

2日間通してフロッグをキャストしまくって、得られたのは5バイト2フィッシュという結果でしたが、バスのキャッチに至らなかったことも含めて勉強になったと思っています。

この縛りフィッシングをしていると、「あ、今日はこれじゃないんだな」と感じるタイミングが必ずやってきます。例を挙げれば、先日の豊英ダムは出船直後、戸面原ダムは風が吹いたタイミングあたりから、”フロッグじゃない感”を捉えていました。

じゃあ表層に出てこないバスをどう狙っていくかと、わりと的を絞って次の一手を差しやすくなりました。

じゃない方のタイミングも捉えられる

”フロッグじゃない”のであれば何をキャストするのか。

今回に関してはディープクランクとDSの中層シェイク。レンジなどの判断はシーズナルの要因を込みで。

スポンサーリンク

「表層に出ないのであれば…」とキャストしたディープクランク、DSでそれぞれ1投で仕留めることができたのは、”自分の読みが当たった!”というとても大きな自信に繋がります。

フロッグの出し所を知る予定が、じゃない場合のリグの出し所まで学べたのは意外でした。

そしてそういう自信のあるルアーやリグは1軍昇格していくのです( *´艸`)

まとめ

貴重な休日釣行をルアー縛りで挑戦するなんてもったいないような気もしますけど…。

縛るルアーは何でもいいと思います。まずは自分が好きなジャンルを選ぶのもいいと思います。(モチベーションも続くし)

やってみると意外と得るものが多いのでおススメです!

それでは!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です