【千代田湖】雪舞うフィールドにてTN80に没頭する。

スポンサーリンク

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

今日は七草がゆを食べる日でした。

私が働く園では、毎年しっかり給食に出ます。「朝、お家で食べてきた人?」と聞くと全体の1割程度の子どもが手を挙げる程度で、園でしか食べる経験がない子は多いんじゃないかな~。

古来よりお正月で疲れた胃を休めて一年の無病息災を願う食事。園の行事食は”そういう食事があるんだよ”と伝えていく大事な役割もあります。

私は子どもたちの前でドヤ顔で七草を全部言いました。もちろん予習済みで。笑

2022 初千代田湖(1/6)

今年もたくさん足を運ぶことになるであろう千代田湖。

前日の天気予報で関東で雪が降るとのことだったので、これは何かが起こるかもしれない!と気持ちがウズウズ…。

千代田湖はというと、曇りではあるが雪は降らない予報でしたが、低気圧がバスを動かしてくれるんじゃないの?というわけで悩む時間はありませんでした。

朝、気温は意外と高いように感じました。(外気温0℃)。

桟橋も霜も降りてないし、凍ってなかったですし。

南アルプスが徐々に白く覆われていくのを見ながら、出船しました。

魚探なしのシャローオンリー

今日ほどジャークベイトをキャストしなければならない日はないんでないかい?

ということで、ジャークベイトメインにしつつ、バイブレーション、ビッグベイトを織り交ぜていく展開。

気持ちが高揚しまくってて、色々と試したくなりましたが、風呂敷を広げ過ぎると何がしたかったのか分からなくなっちゃうので、なるべくタックルは絞るように…。

事前情報では一部凍っている部分もあるとのことでしたが、ボートを進めていくと、やろうと思ったエリアが結構凍っていました。汗

スポンサーリンク

桜並木沿いや白山ワンドはほぼ凍結しておりました。汗

その中でコンフィデンスのあるエリアを何度も入り直す感じでした。

雪が舞う

釣りを開始して2時間ほど経つとパラパラと雪が舞い始め、そのまますぐに風と共に景色は一気に白くなっていきました。

ここから一気に寒さが増し、指先の感覚がなくなるかと思ったのですが…。

雪が周囲の音を奪っていくのか、辺りは静まり返り、聞こえるのは私がロッドを振る音のみ。

TN80を何度もキャストしながら、少しずつ集中力が研ぎ澄まされていく感じ…。

これならずーっとキャストし続けられる。…わけなかった。汗

この日は夕方に別の用事があったため、ギリギリまでキャストし続けましたが、ノーバイト。

桟橋に戻った瞬間、一気に寒さがこみ上げてきて、片付けをあっという間に済ませて逃げるように帰りました。笑

寒い時期の悪天候は身体にキツイものがありますが、良い思いをさせてもらっています。

この日も雪という要素に心躍ったわけですが…。

雪と言えど、2月や3月の雪とはまた違うんだろうなーと感じた釣行でした。

そしてあの、リーリングに没頭する感じは嫌いじゃないですね。笑

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です