【精進湖】3フィッシュ2バラシ。増水を待ちわびる。

スポンサーリンク

本日は有給でしたー。

予定では相模湖か亀山湖あたりに弾丸で行ったろうかと思ったのですが、急遽予定が出来てしまい午前中のみ浮いてきました。

 

トップじゃなさげ

久しぶりの精進湖。

最後に来た時は雨降ってました。

 

この時は、出船時から表層がざわついていたので前向きにトップ(レゼルブ)を投入できましたが、今日は↓

水面への反応は芳しくない+水が悪い。

たくさん泡が浮いてました。

 

でも、なんとなくトップに出せるような気がしたので、

先発はマイクロタッピー。

 

ここ最近多用している、”沖のストラクチャーに絡める釣り”で展開していきます。

具体的には沖ブイの際を通したり、浮いているロープを乗り越えさせたりするというやり方です。

タッピーのリップは小さいながらもしっかりスタックを回避してくれるので、高確率で手元に帰ってきてくれます。

同じような使い方は、先月まで出番の多かったレゼルブには苦手かな。

 

そんな感じで沖のブイに絡んだロープを乗り越えさせるようにタッピーを投げると、

ロープを超えた瞬間にしたから黒い影が一気に浮いてきてバイト!!

 

チェイスからバイトまで目視できた興奮する1匹でした。

 

トップなのかな?

タッピーでバイトを得て、一応その後も赤池方面へ流していきます。

が、平日にもかかわらず、ヘラ師が多い。泣

そのロープを越えさせたいんだよぉ!!

と心の中で叫びながら流しますが、やはりバイトはない。笑

 

ボトムにシフト

というわけで、湖畔荘前に戻り、ダウンショットでトップとは間逆のボトムの釣りへ。

スポンサーリンク

とはいってもまだ朝のいい時間なので、じっくり誘うというよりはリフト&フォールでテンポ良く。

溶岩帯の際、ウィードのポケット・・・テンポよく撃てばバイトを得る!

しかし、フォール中のバイトが多く、しっかり合わせを決められていなかったようで立て続けに2バラシ。

”なにやっとんだぁー”と気持ちを切り替えて、もう一度溶岩帯の際撃ち。

 

今度は逃がさん!!

スコBFSのXGで鬼巻きして、溶岩帯から引き離してやりました。

キャストからファイトまで、自分にとってはすっかりかかせないヤツです。

 

エリア巡り

湖畔荘前のボトム、沖のウィード、岩盤沿い。

ひたすら三箇所の入り直し。

陽が昇り、風が強くなるにつれてバイトは遠のき、終了間際に

可愛いコちゃん。

そのままあがりました。

 

釣行を終えて

率直に、増水して欲しい!!

自分の釣りレベルがまだまだということもありますが、

釣り方が5月、6月からほとんど変っていないように思います。

釣れているエリアの大半も湖畔荘前付近ですし。

 

まぁ、とりあえず釣りたいと安全策をとってしまう自分もいけないのですが。笑

 

考えようもんですね・・・。

 

使用したルアー等

マイクロタッピー

 

スイングインパクト3インチ

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です