【デラクー】巻くのではなく、撃つという使い方でのインプレ。

スポンサーリンク

気づいたらデラクー(ジャッカル)が5モデル中、4モデルが手元に揃っていました。

ことあるごとに「このウェイトも必要かな?」と思って購入してますが、結局使っているのは1/4oz(7g)がほとんどだったりします。笑

 

持て余す

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

先週の日曜日に静岡県の東部に限って、中古釣具巡りをした時に、黄色いお店でインザベイト(ノリーズ)7gを購入しました。

 

でも、購入するとき、すごい悩んだんですよね~。

”デラクー持て余してるしな…”と。

 

巻きで使ったことが無い

さて、このデラクーはジャッカルのプロスタッフ:水野浩聡さんが開発した、”でら喰う”と豪語したくらい釣れるスピンテールタイプのジグです。

 

ただこのデラクーは、基本的に陸っぱりで使用することから開発が始まってますよね。

実際コンセプトは、”気軽にバスフィッシングを楽しんでもらうために、ただ巻くだけで釣れる”というものですし。

 

そんな私は、このデラクーを陸からキャストしたこともなければ、巻いて使ったこともないのです。笑

 

カバー撃ち

ならばどうやって使っているのか。

 

それは”限りなくカバーに近づいて、ひたすらカバーに撃ち込んでいく”という使い方。

テキサスやジグをカバーに撃っていくのと同じ感じです。

 

”限りなくカバーに近づく”のがキモで、トリプルフックがむき出しなデラクーですが、意外と根がかりせず、したとしても優しくゆすってあげると回収できます。

 

デラクーを撃つ必要性あるのか?

普通の人ならそう考えると思います。私もそう思います。

 

テキサスなら根がからないし、シェイクで誘えるし。

なのでそこで張り合うつもりは毛頭ございません。笑

 

それでもなお、デラクーをあえてカバーに放り込んでいく理由は、カバーに入れれば答えが早く帰ってくるからです。

 

小バスが釣れるルアー

デラクーに限らず、スピンテール系のルアーって小バスがよく釣れるイメージがあります。

 

それがなぜなのかは分かりませんが。笑

ただ、コンパクトなシルエット+フラッシングするブレードが興味を惹きつけるのでしょうね。

それはカバーに入れても同じような気がしていて、そのカバーにバスがいれば思わずバイトしちゃうんだと思います。

以下、すべてデラクー+カバーで釣ったバスですが、どれもフリーフォールで落とし込み、シャクってみようかと思った瞬間、ロッドに重みを感じたのでフッキングした…という釣り方でした。(すべて7g)

 

スポンサーリンク

 

 

 

無数にあるカバーを手早くサーチする使い方がぴったりだと思っています。

 

デラクーじゃないとダメなんだ

改めて購入したインザベイトと比較してみました。(同ウェイト7g)

インザベイトのボディ+スイベル分にデラクーの全長が収まっています。

かなりコンパクト。サイズが大きすぎれば、確実にスタックする確立は上がりますし、カバーにも入りにくいですからね。

 

さらにデラクーの場合、ヘッド前部に重心が集中しています。

これがフリーフォールする際に、より垂直にフォールするのに貢献してくれていると思われます。

 

まとめ

 

デラクーでカバー撃ち。

改めて他スピンテールジグと比較すると、実は理に適ってたことが分かりました。

ウェイトが重ければ、その分カバーもぶち抜きやすいですし、7g以外のウェイトもまた来年のハイシーズンにチャレンジしてみたいと思います。

 

それでは!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です