【O.S.P】ドライブビーバー 3.5inch購入。開封の儀。

スポンサーリンク

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

運動会が近づくにつれて、増える仕事。

頭パンパンです。笑

園でも運動会に向けた取り組みを始めてますが、子どもたちの飲み込みの早いこと!!

毎年、本当に驚かされます。

”やらされてる”ではなく、”楽しいからもっとやりたい!”と思わせるのが私のモットー。

明日も一緒に楽しくやりたいと思います。

 

ドライブビーバー3.5inch

O.S.Pが放つ、新たなホグ系ワームのスタンダード。

以下、HPより引用↓

ホグ系の新たなワームとして誕生したドライブビーバー。特徴はカバー際でのすり抜けやすさや誘い、フッキング、キャストのしやすさといったトータル性能の高さ。そしてDoLiveシリーズの名を継承した自発的でありながらもトルクフルなバサロアクションである。

カバー攻略を意識すればするほど、すり抜け性に影響を与えるパーツが削がれたシンプルなデザインになり、誘いも単調になりがち。だが、すり抜けやすいシンプルなボディー形状ながらも緻密にデザインされたバサロパドルはボディーを大きく揺らしながら腹側背側(上下)に大きく振れ、相反する条件を高次元にクリア。14g以上の重いシンカーはもちろん、2g程度の軽めのシンカーでもフォール時にこれまでに全くなかった自発的バサロアクションを発生させ、スローな食わせからスピーディーなリアクションまで幅広く対応。スイミングではボディーをくねらせながらバサロパドルを上下に、スイミングスピードを速めれば上下左右ランダムにバタバタとバタつかせ、まるで逃げるザリガニのごとく躍動的な生命感溢れるアクションでバスの捕食本能を覚醒させる。

出典:O.S.P HP

 

バサロアクション?

このドライブビーバーの特徴的な部分が、この”バサロパドル”。

このパドルが起こすアクションを【バサロアクション】というそうなのですが、

 

バサロってなに?

 

となるわけです。笑

それで、検索してみますと、

 

【バサロ basalo】

背泳やバタフライでのスタート時やターンをした後に、潜水してドルフィンキックのみを続けて進む方法のこと

 

だそうです。

つまり、こういうことです↓

 

[ youtubeより ]

水押しをしていることがよく分かります。

 

使ってみたい

私はあまり新しいワームには手を出さない方なのですが、

この動画を見て、一発でリーダーレスダウンショットで使いたくなりました。

[ O.S.P HPより ]

 

このバサロアクションやばくないですか?笑

 

これまでリーダーレスダウンショットは使ってこなかったのですが、”使ってみたい”と思わせたこのワーム。

おそろしいですね・・・。

 

比較してみた(全体)

 

まずはドライブクロー3inchと。

レッグパーツの付き方から、ビーバーのほうが、よりカバーへのすり抜けを重視しているのが分かります。

 

続いては、バトルホッグ3.8inchと。

スポンサーリンク

たくさんパーツが付いているバトルホッグの比べると、ビーバーの方がシンプルで、スリム。

パーツ1つひとつのアクションを統合して水を押そうとするバトルホッグに対して、

ボディそのものでアクションしようとするのがドライブビーバーといったところでしょうか。

 

比較してみた(パドル)

少し比較対象が大きすぎますが、ビッグエスケープツインと。

エスケープツインのシンプルなパドルに対して、くぼみのあるビーバーのパドル。

 

さらに詳細にみると…これ、メタルワサビーの形にそっくりでした。笑

 

ともあれ、このパドルが、このワームの最大のウリ。

こだわりが見られますね。

 

リグってみた

完成してあるリーダーレスのセットを買おうと思いましたが、どうせならと自分でつくることに!

 

で、つけてみた。

あぁー、早く使ってみたい!!

 

個人的に残念な部分

それは、ブリスターパック。

釣行後片付けられない症候群なので、意識して放置しないようにしないと。

キレイなバサロアクションを出すには止むを得ないのですね。

 

まとめ

というわけで、ドライブビーバー3.5inchの開封の儀でした。

週末、千代田湖に浮く予定なので、さっそく実践投入してみたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です