【エンジンマグタンク フリー&ストック】をGETできて嬉しい反面…。

スポンサーリンク

先日の西東京シリーズの景品でいただいた【エンジンマグタンク フリー&ストック】。

”マグタンク”シリーズと言えば、そこそこ値段がする商品なのでGETした時は嬉しかったのですが…。

 

アングラーの楽しみ

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

 

アングラーを悩ますフックやシンカーの小物整理。

悩ましい問題でありながらも、楽しい時間であり、納得のいく収納ができれば得も言われぬ快感に襲われる。笑

 

私は今のところコメリのトレー付きコンテナを用いたワーム&ワームに使うすべての小物の一括収納に落ち着いています。

 

¥1000で革命返し。【コメリ】のトレー付きコンテナ22Lがワーム収納にベストな件。

2018.05.21

 

マグタンクシリーズ

 

というわけで、小さな小物をまとめて保管するケースが必要なくなったわけですが、先日の西東京シリーズの参加景品として【エンジンマグタンク フリー&ストック】を手に入れることができました。

これは個人的には「おぉー!」となるくらい嬉しかったです。

(実際に会場で当選してアナウンスを聞いた際は、エンジンの”マグカップ”と聞こえていたので、まさかマグタンクだったとは!という予想外の展開も相まって嬉しかったのです。笑)

 

このマグタンクシリーズ、過去にはリューギとのコラボVerを保持していたこともありました。

 

このマグタンクシリーズに関して、個人的に感じるのは圧倒的な所有感。

次いで水の侵入を許さない、やわな扱いでは壊れないという驚異の堅牢感。

価格は¥2000代といい値がしますが、なぜか1つ持っていたくなるような魅力がありました。

 

今、手元にない理由

 

例えばリューギとのコラボVerの場合は全面が収納になっているわけで、いろんな小物をまとめたくなるのですが、結局まとめきれないことが判明します。

シンカーだけでも形状は多岐に渡りますし、ウェイトも考慮するとさらに…。

 

シンカーとフックとそれぞれのケースを持てばいいと言われればそうなのですが、ならば同じ値段を出しても買えるものがあるし、あんなに収納スペースがあるのに結局まとめきれないことがストレスになるのです。(私の場合、特に後者がかなり重要。笑)

 

こいつはどうだ?

 

 

で、今回手に入れた【エンジンマグタンク フリー&ストック】。

所有感、堅牢感は相変わらずです。

 

では、肝心の使用感についてですが、ある意味想定通りでした。

 

フリーといいつつ

 

 

入るモノにはかなり限度あるように思いました。

というか、ほとんど入らない??

深さは約1.5cmです。

 

ストックは

 

 

こまかく行えます。この辺りはさすがです。

仕切りをとれば、ある程度自由にアレンジできます。

 

どう使う?

 

結論からいうと、現状の自分には出し所がありません。笑

少なくとも現場での使用は想定できませんかね…。

しかし使い方は十人十色。私の凝り固まった考えを凌駕する方法があるかもしれません。

 

そういう意味では、やりがいのあるアイテムをGETしたのかもしれません。笑

 

それでは!!

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です