初物づくしの【房総ダム】釣行、後編。高橋洋一さんの実践型講習会に参加してきたよ!

スポンサーリンク

房総ダム釣行2日目の様子です。

釣りメインというよりもお話を聞く日。

 

2日目

 

Welcome to KAWAZZSTYLE!!

管理人のRyoです。

昨日は房総ダム釣行の1日目の様子をお伝えしました↓

初物づくしの【房総ダム】釣行、前編。「見ちゃうかぁ~?モンスタァー!!!」

2019.02.11

 

さてこの日は、この2日間のメインである高橋洋一さんによる”片倉ダム実践型講習会”でした。

”片倉ダム自体初めてくるのに、実践型って意味あるの?”なんて声も聞こえてきそうですが。汗

結果から言わせてもらえれば、とても充実した講習会でしたよ。

 

高橋洋一さんとは?

 

(写真はFBよりお借りしました!)

 

片倉ダムをホームとして活躍するアングラー。スポンサーはバレーヒル(谷山商事)、ラッキークラフト、サンライン、ストームライダー(愛眼)、YTフュージョン、テーパー&シェイプ、ガレイジー。

愛犬のこなつちゃんをいつも連れていらっしゃいます。

バサーとしてのイメージが個人的には強いですが、ソルトなどもされるようです。

私自身は高橋さんのブログをよく拝見しているのですが、その内容はバスに出会うまでの思考プロセスがこまかく書かれていて、考え方が参考になるのはもちろんのこと、ここまで明確に狙いを持って釣りをしていない自分への戒めでもあります。笑

ブログから拝見する釣りがゲーム性を感じられて、とても面白そうなんですよね~。

そんな高橋さんが片倉ダムにて講習会を行なうってんだから、こりゃもう行くしかないと思ったわけですよ!

 

笹川ボート

 

今回の講習会会場は笹川ボートさんでした。前日に雪が降り、朝は放射冷却によって路面がバッキバキだったのですが、ボート屋から桟橋まで続く傾斜がキツめの坂はアングラーに考慮して滑らないようにされていました。これは助かりました。

 

また、房総特有のカートを使って荷物を運ぶのですが、自分でやろうとすると「やりましょうか?」とスタッフの方が声をかけてくださります。もしカート操作に自信がない方はやってもらっていいと思います。私は一度、亀山でカートで落ちそうになって以来、カート恐怖症なので喜んでお手伝いしてもらいました。(準備時はアベさんにやってもらいましたが、帰りはスタッフの方にお手伝いしていただきました)

 

ちょい釣り

 

講習は10時ごろスタートだったので、それまではしばし釣りをすることに…。

片倉ダムは、ダム湖にしては珍しい?ウィードが生えているフィールド。

ウィードは個人的に親近感がわくストラクチャー(千代田湖や精進湖などはウィードわんさかなので)。

背が高いウィードが生えてるので、そのてっぺん辺りにルアーを当てて反応を得ようと試みるも何もなし。

早めに桟橋に戻って支度をしているとロデオクラフトの松本幸雄さんもいらっしゃり、少しの間お話をさせていただきました。

 

(質問したことに対して丁寧に、そして具体的に答えてくださいました。ありがとうございました!)

 

講習会スタート

 

そしてお待ちかねの講習会スタート!

およそ30人ほどのアングラーが高橋さんを囲み、講習を受けます。

約2時間なのですが、用意された項目は10もあるので、1つ1つ説明すると実はあまり時間がないという…。

時間を気にしながらも、片倉ダムの地図やホワイトボードに絵を描いて具体的に説明してくださり、正直情報量がありすぎて頭がパンクしそうでした。笑

ただ、この講習会をあえてこの時期にやったことの意味というか。

これから迎えるスポーニングという時期を基に、その後の季節感をとらえていくという考え方は、これまで見聞きした説明では一番分かりやすかったですね。

スポンサーリンク

 

 

まぁ、その説明を聞けば聞くほど、今までの自分の釣りが当てずっぽうに近かったことを痛感するわけですけど。笑

 

一本勝負!

その後は、約3時間のプチ大会!バスのケアを重視して今回はデジタルウェイイン形式でしたが、この時期に釣れないと分かっててライブウェル出すのって結構しんどいじゃないですか←

なのでものすごーく楽チンでした♪

さてどんな釣りを展開しようかと考えたものの、なんせ初フィールドでして、右も左もほとんど分からない状況。

分かっていたことはただ1つ。

片倉ダムはビジブルな立ち木のみならず、インビジブルな立ち木も水中のいたるところにあります。

昨日のオイシイ経験もあったことや、この日はELEMENTSのナガタさんもいらっしゃったこともあり、ダヴィンチ推しでいくしかないだろと。

(ELEMENTSのナガタさんと)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダヴィンチ190×ディープトレーサー、

 

片倉の立ち木に消える!!!!!!泣

 

 

嫌な予感はしたんですけどね。泣

それからは私は一気にやる気が失せてしまい、アベさんにフロントを譲り、バックシートで当てもない釣りをしてタイムアップでした。

 

ウルトレックス

この日はハーツマリンさんの魚探の展示会や岡田商事さんのウルトレックス試乗会も開催されてました。

もちろん乗ってきましたよ~。

この件は、また別記事で書いてみたいと思います!

 

釣ってきたのは4名

 

 

この極寒期でありながらも4名の方がウェイイン!(そのうち一人は高橋さん!)

4名とも全く同じ場所から釣ってきたという事でした。高橋さんに関しては、大会参加者よりも遅く出船して、そのポイントについて2投目でバスをキャッチするという。

大会後の表彰式の際には、実際に釣れた状況も説明してくださり、納得のいく内容でした。

高橋さんは参考記録だったのですが、上位二人は片倉ダムのロコアングラー。そしてもう一人はバスマニア代表のタキモトさんでした。

(バスマニアカップにもお顔を出せたらと思っております!)

 

充実した日

 

あっという間の片倉ダム釣行でした。釣行と言ってもほとんど釣りをしていないのですが、山梨からはるばる足を運んだ甲斐は、大いにありました!

釣りへの向き合い方や新しい出会いなど、得たものがとても多い一日でした。

講習会は今後も開催したいとのことでしたが、シーズンインするとボートの確保が難しいなどの問題点もあるようで、その辺りがクリアされれば可能性はありそうです。

機会があればまた参加したいと思います。全然行きます、片倉ダム。

 

高橋さんありがとうございました!!

 

 

というわけで2日間の房総ダム釣行の様子でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Thank you for reading!

 

そして、2日間同行してくれたアベさんもありがとうございました!笑

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です