【Abu ルアーケース リバーシブル100】使い手によっては重宝する、”Vスペース”が特徴的なケース。

スポンサーリンク

【Abu ルアーケース リバーシブル100】というケースを手に入れました。

ルアーのサイズにも寄りますが、使い方によっては重宝するアイテムだと思います。

 

スペック

 

Abu ルアーケース リバーシブル100
カラー1種のみ(フタ部:スモークグレー、仕切り部:オリーブグリーン
内寸:193㎜×100㎜×30㎜
定価:¥1000

 

Vスペース

 

このケースの特徴的な部分が、ケース内の中の構造です。

 

通常のケースに見られるような仕切り板は存在せず、23㎜×100㎜×30㎜のV字型のスペースがすでに確保されています。

 

それが片面ずつ7つあり、リバーシブルでトータル14つのスペースがあるボックスです。

スポンサーリンク

Vスペースを上下ずらして配置しているので、厚みを必要以上に持たせることなくかつ収納量を確保しています。

 

完全個室

 

自由に幅を変えられないので、収納できるルアーがかなり制限されてしまいますが、I字形ルアーなどとは相性がいいように思います。

特にティンセルやモルファイバーが付いたルアーは、ルアー同士が絡みあうとそれらも同時に絡み合ってしまうからです。ボロボロになったり、抜け落ちたりして、ルアーパワーが落ちてしまいます。汗

少々、贅沢使いですがこれはアリかな~と。

あとは細身のルアーなら入ると思いますが、やはり縦の長さの上限がMAX10cmなので、様々なルアーに使用できるわけではないですね。

 

水抜けダクト

 

両面に小さな水抜けダクトがあるので、ケースのままルアーをまるごと洗えます。

ここ最近、雨が多くて、どのアングラーも釣行ごとにルアーなどを洗ったのではないでしょうか。

このダクト付きならば手軽にルアーを洗う事ができますね。

 

まとめ

 

リバーシブルでなんとなくお得な感じもする【Abu ルアーケース リバーシブル100】。

バス用ルアーで使用する際はかなり制限があるものの無駄のないデザインで、使う人によっては重宝するアイテムだと思いました。

 

それでは!

Thank you for reading!!

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です