既存のテールスピンとは一味違う!?【Btスピン】をちょっとだけインプレです。

スポンサーリンク

バンタムルアーシリーズの新しいルアー、【Btスピン】を購入し、使ってみました。

これまであったテールスピンとは一味違う、”しっかり泳ぐ”仕様。

 

…しっかり泳ぐって、当たり前じゃないか?”(-“”-)”

 

Btスピン スペック

 

Btスピン スペック

レングス:45mm

ウェイト:14g / 18g

カラー:8色

フックサイズ:#8

 

 

私は今回は004ベビーギルカラー/18gをチョイスしました。

 

また、ルアーをさらにこまかく見ていくと、ボディ部分が45mmで、ブレード部分(スイベル部含む)が35mmとなっています。

実質80mmとなります。

ボディに対してブレードは小さめになっていますね。

 

しっかり泳ぐの意味

 

それはこちらの動画を参考にしていただければ↓

 

見てもらうと分かるように、ボディ部分がウォブリングしています。

これまでのテールスピン系ルアーはブレードは回るもののボディ部は動かないものがほとんどだったと思います。

それに比べると【Btスピン】はかなり動いていると言えますよね。笑

 

それを可能にしているのがこのボディ形状かと思われます。

側面から見るとバイブレーションの様なんですが、上から見るとテール部に向かって膨らんでいるのが分かります。

これがテールスピンなのにウォブリングを可能としているのでしょう。

 

 

引き抵抗

 

ここまでウォブリングしていると手元にもアクションが伝わるのではないかと思いましたが…。

思っていた以上に、ノー感じでした。汗

手元に伝わり過ぎるとそれはそれでだめなのか。

こればかりは動画のようなアクションをイメージしながら巻くしかありませんね。

 

キャスタビリティ

 

 

 

初使用は風速3mの西湖でしたが、風に向かってキャストしても風を切って飛んで行ってくれました。

18gをチョイスしたのはこれからのシーズンで中層~ディープの攻略も視野に入れたからです。

ウェイトの恩恵でボトム到達まではあっという間でしたので、中層をサーチしていくのにテンポよくキャストできると思いました。

ボリュームもありますし、バスにも見つけてもらいやすいのでは?

 

まとめ

 

【Btスピン】のインプレでした。

テールスピン系のルアーってサイズ問わずですが手っ取り早くバスを連れてきてくれるイメージがあります。

この秋、1つは持っておいても損はないルアーだと思います。

 

…マジで釣りたい。(切実)

 

それでは!

Thank you for reading!!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

6 件のコメント

  • いつも楽しく拝見しております。
    泳ぐテールスピン・・・私にとってもまさにポイントでした。
    早速バルサを削り出しました!後ろの方が太いのですか・・・
    (ただ、カラーリングが終わるころにはメタルバイブを投げている?)

    • お久しぶりです!笑
      いつもありがとうございます(*’ω’*)

      早速作ってしまうところがTanacさんですね!
      …メタルバイブも同時進行で作るっていうのはどうでしょうか?笑

      • 上からの写真助かりますm(_)m(シマノのHPにもないので・・・)
        後ろを太くしないのと2つ吊るしていますが、確かに後ろが太い方が揺れますね・・・

          • カラーリングも終わって、昨日の朝投げてきました。
            いきなり連続の当たりでした(乗りませんでしたが)。
            このパターンはあまりないのでスレていなかったのでしょうか・・・
            (ちなみにレアリススピンは来ませんでした)
            まだ、そんなに冷たくない?ということで、今シーズンもまだ使えるでしょうか・・・
            ありがとうございました。

          • Tanacさん、着々と作業を進めていよいよ残すはバスキャッチですね( *´艸`)

            やはり既存のアクションとは違う部分が効くのでしょうかね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です