【ドライブショット4.5】インプレ。満を持して登場した優等生バックスライダー。

スポンサーリンク

O.S.Pから発売されたバックスライドワーム、【ドライブショット4.5】。

これでドライブスティックの逆づけとはオサラバ!

バックスライドワームとしての必要な要素を盛り込んだ”バックスライド専用設計”アイテムでした。

スペック

まずはスペックから。

ドライブショット

入数:5

レングス:12cm

ウェイト:10g

スカートの数:8本

カラー展開:10種

今回はブラックを購入してみました。

意外とウェイトが軽いと思いました。

フックは

4/0が推奨とのことで、リューギインフィニでセットしてみました。

アクション

バックスライドしながらボディをゆらゆらさせて、スライドフォールしていきます。

その際にスカートが揺らめくのがこれは釣れるぞ!感を強めてくれます。笑

裂けそうにないヘッド

カバーの奥までワームを届けるように、スキッピングをすることなどもあると思います。

ワームによってはヘッド部分が無理をし過ぎることで裂けてしまうこともあり、釣れる前にワームを交換しなくてはならない時もあります。

【ドライブショット】はそこまでの脆さを感じさせませんでした。

スポンサーリンク

最近はワームのスレを防止するためにストッパーを挟むのが好きです。

スライドしてる感

バックスライドワームをこれまでいくつか使ってきましたが、中には私が思っていたよりもスライドしなかったものもありました。(期待しすぎなのか?笑)

この【ドライブショット】も例外なく、”言うてもそこまでバックスライドしないんでしょ?”とやや懐疑的でした。

背景を取りたかったんです。汗

で、実際に使ってみると、

「あぁ~、イ、イクね~ぇ…」としっかりと、スライドしている感覚がありました。

使っているラインがBMS AZAYAKAだったこともあり、ラインの動きが見やすいということもありましたが、ラインが斜めに引っ張られていく様子がしっかりと見られたので、”しっかりバックスライドしている”のだと思います。

私の使用タックル

参考までに私が【ドライブショット】を用いた際のタックルデータです。

ドライブショットを使ったタックル

ROD: ZODIAS 167M-S

REEL:SLX MGL 71XG

LINE:BMS AZAYAKA 12lb

これからのシーズンに期待

これから季節が進行し、桟橋の下などのシェードを求めてバスが集まってくると思います。

そのパラダイスにしっかりとバックスライドを決め込むことが可能なワーム、【ドライブショット】だと思います。

あとは順刺しでテキサスのボトムズル引きなどはザリガニっぽいかな~とも思います。

それでは!

Thank you for reading!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です