フカベイトはつまらないルアー?

スポンサーリンク

 

(¥16000で購入した)フカベイトをキャストする日々です。

昨日のような晴天→曇り且つ凪の水面を見ると、この時期でも一発出るんじゃないかとドキドキします。笑

 

さて、

このルアーを使用してみて思ったのですが、”このルアーつまんないって思う人いるんだろうな”、と。笑

 

超デッドスロー

 

フカベイトの最大のウリは”フカフカアクション”です。

ボディ腹部についたブレードがスイングすることによって、ボディが前後にピクピク動いて波紋を出します。

これが速すぎると、ブレードがボディに当たってキンキン鳴ります。この状態だとフカフカアクションを出せていない(と感じています)

 

なのでベストフカフカを出すには、私はこの金属音をさせないのを1つの基準として設けています。

ですが、これがロングキャストした先だとほぼサウンドが聞こえなくて、ベストフカフカを出せているのかが判断しにくくなります。アクションで判断しようにも前後にピクピクするだけなので、これもまた見にくいです。笑

超デッドスローでないとアクションが出せないのでもちろんキャスト数は減る…。

 

なーんかキャスト数減りそうでしょ?笑

 

そこを通すか!?

 

羽根モノルアーと圧倒的に違うのは比較的カバーにも強そうな部分。

羽根モノルアーはその形状から、どうしても羽根でゴミなどを拾ってしまいます。

するとアクションは破綻してしまいます。

 

一方でフカベイトは似たようなアクションを出しつつも、形状は縦長なのですり抜けられるカバーもあると思います。

例えばパラアシ。

フックをダブルフックにすればより強気に攻められそうです。

そこに入れる必要あるか?と言われれば、それまででですけど。

「こんなところにこんなの入れてくんの!?」ってのにバスは弱いっていうのが私の考えです。笑

 

つまらなくない

 

結局言いたいのは、私にとっては全然つまらなくないルアーです、フカベイト。(¥16000で買ったから、そう言うしかないよな( *´艸`))

このルアーでしか出会えないバスがいるんじゃないか、と奮い立たせながらその日を待つことしかできません。

ただその恩恵を受けるために超デッドスローを耐えられるか、ということですね。

 

ところで相変わらず、高値で取引されてんなぁ~。

 

それでは!

Thank you for reading!!

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です