【千代田湖】のシャローカバーって、水温何℃を境目に状況が変わるのか。

スポンサーリンク

毎年のことなんですけど、千代田野郎が終わると一旦スイッチが切れます。笑

そこからなんとか気持ちを盛り上げて、12月を過ごし、新年を迎えているうちに自分が比較的好きな初春シーズンがやってくる。

こう書いてみると1年ってあっという間だなぁ。

もれなく今年もスイッチオフしかけてたんですが、もうちょいカバーの魚を追いかけたかったので週末は千代田湖に浮いてました。

1週間前と違う

まず土曜日。この日はとにかく寒かった。泣

強風が一日中吹いていて、体感温度はどんどん下がる。1週間前だったら全然余裕だった服装でも、この日はきつかった。

しかも湖上はほとんど人もおらず、大会時の人の多さとの差にさらに寂しくなる…。

水温は朝の時点で10℃台。終了時点で11.2℃でした。

最終戦時点ではまだまだシャローにベイトがいたんですが、この日は皆無。当然、シャローにはバスは見えず。

時間をかえて目ぼしいカバーに入り直す間、沖のディープではちょこちょこ釣れてくれましたが…。

終了間際にバスが溜まるエリアを見つけて、ひとしきり楽しみましたが…。

寒さに勝てず、逃げるように撤収しました。笑

甲府にある人気店、福吉のタンメン+辛ネギ。

この辛ネギトッピングをすると、高確率で汗だく&翌日はお腹が爆発するんですが、あまりにも身体が冷え切っていたのか、この日は欲するかの如くすんなり受け入れてくれました。笑

ハードベイト縛り

日曜日も気が付けば千代田湖に浮いてました。

この日はスピニングは積み込まず、ハードベイトオンリーで。(あ、ジグは積んでた)

昼間にようやくシャローに見えバスを発見するも、それ以外には何にもなく…。

ただ、風がないだけでめちゃくちゃ温かく感じたし、湖上に人も多かったのでなんか嬉しかった。笑

そしてこの冬にやりこみたい釣りも発見したので、しばらくモチベーションは保てそうです。

↑であげた魚探の画ですが、朝は全く何も映らず。

ですがほぼ同時間に入り直したら、やっぱり入ってきてました。

ただサイズが良さそうなエリアは7m~でしたね、実際船団も出来てたし。

この日はノーフィッシュでしたが、昨日よりは満足感があったかな。

やっぱり自分はこういう1か0な釣りが好きみたいです。笑

シャローカバー狙いの基準

千代田湖の場合、水温が12℃を切るとシャローからベイトが消える…のかもしれない。

先週が13℃台だったから、たった1℃でガラッとかわるのでしょうか。

こういうわずかな差って、実際に釣り場に立ってみないと分からないと思うので、そう考えると強風&朝の氷点下に耐えた甲斐はあったかな。笑

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です