そのルアーのいいところ、3つ言えるか?

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは!!

Ryoです。

今日風やばかったですね…。

昨年千代田湖で暴風時に無茶して大変な目にあって以来、風には極端に怯えるようになりました。笑

今日、千代田湖、やばかったんだろうなー。

さて、今日はタックルに関してのお話です。

 

結局使っていないルアーがほとんど。

”これ使えるかもしれない” ”これ、発売前から噂されてたやつだ” といろんな妄想や情報に踊らされ、気づけばタックルボックスが使わないルアーで溢れかえっていた時期がありました。

 

[ 今はこれくらいでちょうどいい。 ]

 

でも、ほとんど使わなかったんすよね。

結局、実績のあるルアーばかり投げてしまって、新入りルアーはタックルの肥やしになってしまいました。

 

タックルに残ったルアーたちは…

全然釣れていない時に魚を連れてきてくれた救世主だったり、とりあえず投げてれば釣れるやつだったり、プロが釣っている印象が強すぎて同じシチュエーションを求めたくさせるようなルアーであったりと理由は様々です。笑

 

 

…そんなんでいいのか?笑

そしたら、今持っているルアーでたまたまデカいの釣れたから今残っているわけで、それが違うルアーであっても同じだったかもしれない。

自分のタックルに残るルアーたちは、その性能よりも先に自身の思い出や感情が強く影響しているな、としみじみ思ったわけで。笑

だからここで1人ひとりと向き合うことにしたのです。

 

褒められる方が良いに決まってる。

これは仕事でも、人間関係でもそうだと思います。

褒められると、なんか顔二ヤついちゃいますよね。

自分も職業柄、子どもの短所ではなく、長所をできるだけ見つけ、それを具体的に伝えるようにしています。

そうすると、その子は”こんな自分でいいんだ”と自己肯定感を高めて、自分に自信を持っていけるようになるんです。

 

まぁ、ルアーに話しかけても返事はしないし、ルアーが自ら自信を持って勝手に泳いでくれる訳ではないです。笑

今回”そのルアーのいいところを3つ言う”のは、自分がただ漠然とそのルアーを使うのではなく、自らが挙げた長所を活かして使うことで、ルアーへの自信を感情論ではなく、理論で高めていけると思ったからです。

 

”なんか釣れた”から、”こう使って釣った”と言えるようにしたいですね。

 

で、やってみる。

あ、なぜ3つなのかというと、1つだと簡単すぎるなと思って。

だからといって5つは多いなとも。ってことで、3つにします。笑

なるべくテンポ良く♪

 

① VARUNA110-SP

スポンサーリンク

・11cmクラスという絶妙なサイズ。

・よく飛んで、キャストが決まりやすい。

・軽いトゥイッチでしっかり動いてアピール。

(全然テンポよく言えなかった。汗)

 

②ソウルシャッド58SP

・まっすぐ泳ぐ。

・ダートもしっかりする。

・程よい巻き心地。

( 3つ目ほんとでない。しかも苦しい。泣)

 

③スカッターフロッグ

・コンパクトで投げやすい。

・動かしやすい。

・ペラがチョウチン釣りの際、いいアクセントになっている。

(これはすぐ言えた。笑)

 

④レッグワーム2.9

・フォールでもアピールできる

・テールの静と動がハッキリしている

・スモラバのトレーラーとしても優秀

(ワーム部門代表。笑)

 

全然言えなかった。笑

これ、なかなか言えないです。

上記にあげたルアーでさえ、テンポよくとはいかなかったです。汗

これってルアーの良さを把握してないってことなのかなぁ…。

そうすると出しどころとかも外しちゃうよねぇ~。

こりゃ、当分新しいルアー買えないぞ!!笑




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です