【まとめ】夏に出番が増えそうなタックルに合うPEは?

スポンサーリンク

PEライン。

釣りを始めた頃は、「何PEって?」とか「フロロとかナイロンよりも高くない?」という印象しかありませんでした。

でも釣りの深みにはまっていくと、”水に浮く””伸びがない””軽い””強度が高い”というメリットを知り、使うべきシチュエーションが見えてきたのです。

 

ただ、PEラインて号数で表記されていて、結局何ポンドなの?と思うことがしばしばあるのです。

店頭に行ってパッケージの裏を見れば適合表は載ってるのですが。

さらには、このリグにはどの号数が適しているのか、情報がありすぎて分からない。

 

そんな悩みを感じたことがある人が自分以外にもいるかもしれない・・・。

ということで、これから夏に向かっていく中で出番が多くなりそうな「フロッグ」「パワーフィネス」「虫系」に適したPEのセレクト基準をここにまとめておきたいと思います。

 

なお、PEの種類によってメーカーによって差があるのでご承知くださいませ。

 

フロッグ用PE

フロッグと言われて、パッと思いついた3人のアングラーの推奨PEはこちら↓

木村健太さん→SPIDERWIRE ULTRACAST INVISI BRAID 65lb(スパイダーワイヤーウルトラキャスト インビジブレイド)

伊豫部健さん→shooter STUTER70lb~80lb (シューター・ステューター)

内山幸也さん→PE5号とのこと。55lbぐらいでしょうか。

 

 

パワーフィネス

頭に浮かんだのがこのお二人。

伊藤巧さん→シーガー R18 完全シーバス1.5号(27lb)

平川征利さん→サンライン キャストアウェイ 25lb

 

 

虫系

[ 画像はAbemaTVより ]

虫系と言ったら、真っ先に思い浮かんだ方。

青木大介さん→0.6号~0.8号(おおよそ10~12lb)

 

まとめ

人によってPEのセレクトは千差万別なので、全てを網羅することはできませんが、その道のプロが使っているのであればそれが一番正解に近いのではないでしょうか?

ということで、これからPEを使ってフロッグなどを始める際に参考になれば幸いです。

 

ちなみに、私は、

東レ ルアーPEを使っています。

理由は、安いから。笑

ラインナップも幅広く、

0.6号(10lb)、0.8号(12lb)、1号(15lb)、1.5号(20lb)→¥1500

4号(45lb)、5号(55lb)、6号(66lb)、8号(88lb)→¥1300

となっています。

私はフロッグ用には55lbを巻いてます。

PE入門者には手ごろかな?と思います。

 

あ、明日は西湖に行ってきます!笑

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です