隙間風サヨウナラ。【巻きポカ】はカイロ無しでも使える。

スポンサーリンク

いよいよ12月です。

釣り人にとって敵はバスだけでなく、寒さにもなってきます。

以前このブログでも取り上げた【巻きポカ】。

これはカイロありきの商品なのですが・・・

 

 

 

週末は

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます!!

Ryoです。

寒さも日に日に増してきましたね。

今週末はフィールドには足を運ばず、来年にむけた準備をするために釣り具屋を巡る予定です。

いいもの見つかればいいけどなぁ~。

無駄な買い物しないようにリスト作っとかないと。

 

 

巻きポカ

 

さて、冬の釣りにおいて、私にとっての必需品になっているのが巻きポカです。

 

これは写真のように、手首(足首)に布製のベルトを巻きつけて使用するものです。

このベルトにカイロを入れるポケットがありまして、そこにカイロを入れて、血管を温めるようにベルトを巻くことで手足の指先を温める狙いがあります。

これが販売元が推奨している使い方です。

 

 

 

カイロはいらない

 

 

先月末の千代田湖釣行でのこと。

スポンサーリンク

寒い朝でした。桟橋にも霜がおりるくらいでしたので。

当然のごとく、防寒対策をするわけですが、感覚的に「ん~、カイロを貼るほどではない」と思いました。

 

でも寒いのに変わりは無いので、防寒の仕上げに行ったのが、

Noカイロ巻きポカ。

ほんと、ただ巻いただけ。笑

ですが、それだけでも効果は十分にありました。

 

①隙間風シャットダウン

どんなに防寒しても、隙間から冷たい風が入り込んでくれば内部崩壊です。笑

繰り返しになりますが隙間風を防ぐという意味で、この巻きポカはかなり優秀で、手首の可動域もしっかり確保しつつ風から守ってくれるのでホントにありがたいです。

 

②それなりに温かい

もちろんカイロありVerには敵わないですが。笑

厚めの布生地を巻きつけるので、それなりに温かいです。指先まで温めるかといえば、微妙ですけど。

ただこの時の釣行では、日が出れば十分温かい気候だったので、必然的に指先は温かさを維持していました。

 

 

まとめ

 

これから冬本番に向かっていくなかで、カイロなしはキツイかもしれませんが、”巻きポカ=カイロ絶対”ではないということを身をもって感じたのでした。

まだ気が早いですが、春先の、「カイロを貼るまでではないけど・・・」という日にはこんな使い方も出来るかもしれません。

 

今日はこのあたりで!

 

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です