ルアーを、リグを、【サスペンド】させる方法を考える。

スポンサーリンク

ルアーをサスペンドさせる方法ってどんなものがあるのだろうか?というお話しです。

 

春の嵐!

 

本日もご覧いただきありがとうございます!

Ryoです。

木曜日は暖かい雨が降るそう!

期待しかないですよね。

これで表水温が上がればウハウハなんですが、そこで鍵になるのがルアーの動かし方でしょう。

 

 

サスペンド

 

ルアーにはシンキングタイプやサスペンドタイプ、フローティングタイプがあります。

文字通り、シンキングは沈む、サスペンドは止まる、フローティングは浮くわけです。

この時期にサスペンドモデルが重宝するのは、寒さでまだまだ体の動きが鈍いバスが気づいたルアーに追いつけるようにするためだと思います。

 

では、そのサスペンドにはどんな方法があるのか考えてみます。

 

 

ルアーそのものの機能

 

 

SPと表記されたルアーはサスペンドモデルです。

ジャークしたり、トゥイッチしたのちにアクションを止めるとルアーもピタッと止まる。

ラインの重さや動きで完全停止は難しいところですが、サスペンドさせるには1番シンプルな方法でしょう。

 

 

チョウチン

 

これはkenDさんの記事を読んでいて、なるほどと思ったやり方。

[ deeepSTREAMより引用しました。]

サスペンドさせたいレンジに、ストラクチャーがあればそこにひっかけたり、スタックさせたりしてルアーを止める。

スポンサーリンク

これなら普通は沈んでしまうルアーも、ストラクチャーの力を借りて留めておける、という考えですね。(kenDさんの場合はフットボールジグをサスペンドされていたようです)

 

 

スローフローティング

 

フローティングタイプのルアーに板オモリなどを貼り付けて、浮上を押さえ込む。

浮こうとする力と、沈もうとする力が作用し合って、止まるという考え方です。

このチューニングがシビアになりそうですが、サスペンドに限りなく近いスローフローティングが実現できれば、レイダウンなど、サスペンドモデルのルアーではキツイポイントも攻め込むことが可能になると思われます。

 

 

ロングリーダーリグ

 

ものすごく極端ですが。

ダウンショットのリーダーを例えば 2mにすれば、ボトムから 2mの上のレンジを通せます。笑

キャロライナリグも同様で、浮くタイプのワームを使えば一定のレンジでサスペンドできると考えられます。

 

 

まとめ

 

サスペンドさせる方法をまとめてみました。

工夫を楽しむことで得られた1匹はきっと格別なんだろうな。

私はとりあえずスローフローティング仕様にするために糸オモリを買ってみましたよ!

 

それでは!

Thank you for reading KAWAZZ STYLE!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です