まさかのカバーパラダイス?!イレギュラーな【精進湖】の5つのリアル。

スポンサーリンク

5月以来の精進湖釣行でした。

台風の影響をモロに受けた精進湖の5つのリアルをお伝えしましょう…。

 

再出撃

 

Welocome to KAWAZZ STYLE!!

再び夏の日差しがやってきて足の甲がくっきりサンダル日焼けした、管理人Ryoです。

 

この記事を更新しましたら、即就寝し、再び精進湖に出撃します。

なんせ今の精進湖、かなりイレギュラーな状況。

台風が精進湖にもたらした5つのリアルをお伝えしましょう…。

 

リアル その1

 

精進湖では何年か振り?の浜出船でした。

 

私は普段、湖畔荘というボート屋を利用しています。

この日も意気揚々と出船の受付をしにいくと、なんと出船キャンセル!汗

理由は、稀にみる増水のために荷物運搬にしようするゴンドラが水に浸かってしまっている状況で、重い荷物が運べない+桟橋までの即席の架け橋に負担がかかってしまうとのこと。

確かに確認すると、バサーには酷な光景が広がってました。(ヘラ師も多くいましたし、狭い桟橋の行き来は大変だったかと。)

湖畔荘のおばちゃんも申し訳なさそうにしてました…。

 

というわけで、今回は湖畔荘ではなく、浜出船ができるボート屋の1つ”かどやボート”さんにお世話になりました。

 

 

(同じ状況のようなバサーが多くいたようで、私たちが出船の受付を済ませたあと、次々と他アングラーもやってきていました)

 

リアル その2

 

Ryo
陸っぱりで歩けた場所、見る影もなし!

 

増水していることは知っていましたが、まさかここまでとは。汗

 

 

いつもなら剥き出しの溶岩帯は見事に消え去り、溶岩の隙間から生えていた多種多様な草木もお水に浸かっておりまして…。

結果、すべてがゴージャスに見えるカバーとなり、ひたすら撃ちたくなるような気持ちにさせられました。笑

スポンサーリンク

 

リアル その3

 

Ryo
宣言通り、バイブレーションやバズなど”音”を意識したハードルアーでサーチをしながら湖自体の様子をチェック

 

ところが巻物への反応が一切なし。笑

夕方にかけてはボイルなども多発していたのでトップでもワンチャンあるかと思ったんですが。

 

リアル その4

 

Ryo
巻いてもダメなら、撃ってみよ!

 

いつもならここで、巻きで出ない→手堅くディープエリアをライトリグな流れになるのですが。

 

でも今の精進湖は違う!目の前には無数に広がるカバーがあるのよ!

そして、答えはすぐに出るのよ!!(モリタに)

 

(42cm/1400gくらい。セディションシャツ、お似合いよ♡)

 

エスケープリトルツインの10gテキサスでブッコ抜き!

一旦撃って回収時に水面まで出てきて喰い外したバスがカバーに戻ったところで、もう一度入れたら喰ってきたようです。

 

ならばというわけで、その後もカバーを撃ち続けると私にもバイトがありましたが木化け(これも現実)

 

リアル その5

 

Ryo
一応ディープも触っておこうか

 

帰着まで1時間をきったところで、一応ディープもチェック。

ブレイクの5mラインにあるウィードや岩にひっかけてDSをアクションさせていると、

これもまたすぐにお返事が。

 

 

私はこの日もソアリンシャッドⅡ 縦割りでした~。綺麗に丸呑みしてたので、本当のエサに見えたのかな?ムフフ

 

アジャスト

 

イレギュラーな状況が起きている精進湖の5つのリアルをお届けしました。

明日は千代田湖の予定だったんですが、まだまだ今の精進湖を楽しみ切れなかったので…というわけです。笑

今日の様子を踏まえつつの展開ができたら良いな!

 

それでは!!

Thank you for reading!!

 

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です