メタは進化しさらなる高みへ。【20メタニウムMGL】が来るぞーーーッ!!

スポンサーリンク

さて…

黒田プロのブログにていよいよ公開となりました!

【20メタニウム】。

 

ハイエンド機にも引けをとらないポテンシャルを有する人気のメタニウムシリーズ。

2020年ついにさらなる進化をとげて登場するわけですが、それは19アンタレスと18バンタムMGLの個性を掛け合わせたハイブリッドなリールのようです。

昨年末、実際に使用させていただくことができましたので早速、その模様をお伝えしたいと思います。

 

ボディカラーはガンメタ

 

 

 

前回の16メタニウムMGLがシルバーだったのに対して、今回のカラーは光沢のあるガンメタです。

カラーに関しては好みがあると思われますが、私はガンメタカラーは好きなのでアリですね。

 

マグネシウムボディ初の一体成型とな

 

一昨年、アルミ一体成型「コアソリッドボディ」を搭載し話題となった”バンタムMGL”。

この「コアソリッドボディ」がロープロリールでありながら高い剛性感をもたらしたわけですが、それが今回【20メタニウム】にも採用されているようです。

 

リールのボディは残念ながらアルミではないので、「コアソリッドボディ」といっていいのかは分かりませんが、マグネシウムボディ合金での一体成型は【20メタニウム】が初。

これによって【20メタニウム】はさらに高い強さを身につけることになるのでしょうか。

サイドプレート側はもうバンタムMGLでしょ。笑

レベルワインド部分。

外し方もバンタムMGLとおんなじでした。

 

マグナムライトスプールⅢとな

 

昨年登場し、多くのアングラーを虜にしたNewアンタレス。その異次元のキャスタビリティの原動力がマグナムライトスプールⅢだったわけですが、予想通り【20メタニウム】にも搭載のようです。

スポンサーリンク

というわけでもちろんナロースプール。本当にいいとこをもらっちゃってる印象です。笑

糸巻量は16メタニウムMGLと同じ70番(12lb-100m)のようです。

 

キャストフィーリング

 

今回はフラットバックジグ3/8oz+スパイニークロー4インチをキャストしてましたが、MGLⅢに全く慣れていない私は前半バックラッシュしまくりでした。汗

それでも上手くキャストさせられるようになると気持ちよーくジグが飛んで行ったわけですが、体感では大幅に飛ぶようになったのかがイマイチ実感できずでした。

 

ボディサイズ

 

16メタニウムMGLをそこまでもったことがないのであれですけど、結構コンパクトにまとまったように感じました。

16メタニウムはモリタが持っていて使わせてもらった際に、「デカいな」という印象を持った覚えがあるので、それから比べると大きくは感じなかったです。掌にしっかりおさまり、パーミングはしやすいと思います。

リール重量は175gで、16メタニウムMGLも175g。

今回ギアがブラスギアになりリール自重が増えそうなところ、シマノさんの企業努力により、重さを変えず、16メタよりもさらによい巻き心地となっているようです。

 

ギア比

 

今回使わせてもらったのがXGでした。順当にノーマル、ハイギア、エクストラハイギアのラインナップかと思われます。

左巻きの販売はやはり遅いようです…(2020年5月頃かと。)

 

まとめ

 

幸運にも昨年末に黒田プロのボートで釣りをさせてもらう機会に恵まれたので、【20メタニウム】をご紹介することができました。ありがとうございました!

黒田さんの記事はこちらより↓

動画はこちらから↓


とはいっても今回だけでは知り得なかった情報もあると思われますので、続報を待ちたいと思います。

 

それでは!

Thank you for reading!!

 

 

 




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です