【津久井湖】ホバ狂いにはフィッシュローラーが吉でした。

スポンサーリンク

昨日は5月ぶりに【津久井湖】へ。

増水と濁りに期待したのですが展開としては全く別のモノでした。汗

というわけで、釣行を振り返ってみたいと思います。

思ったほど…

濁っていない、これが感じた印象でした。汗

来る途中の相模湖の方が濁っていたような気がしたのですが(たぶんダムサイトだったから)、これにはちょっと出鼻をくじかれた感じでした。

”冠水したブッシュにテキサスをぶちこんで、フルフッキング~”みたいな展開を期待していたので。笑

この日は津久井観光さんから出船。まずは右回りに釣り進めました。

バスがわんさか

昨年も思いましたが、津久井湖はバスがめちゃくちゃいますね~やっぱり。

サイズはともかく、岸沿いには10匹くらいのスクールがあちらこちらで見られて、テンション上がりまくりでした。

初めはミクラ(ディープフォレスト)を岸沿いに落としてドッグウォークさせていくと、2バイト。

土壁ではなく岩盤沿いにバイトが出たので、同じようなシチューエーションを釣っていけばバスに触れるかな~という感じでした。

日が昇ると…

トップへの反応がなくなり、カバー撃ちに変更。岸沿いのカバーよりも、沖に出来たゴミだまりなどのカバーにかなりバスが浮いていたので、HP3Dワッキー5インチ(O.S.P)を入れると、すぐにバイト。

やっぱり1匹目ってホッとしますね。笑

今日はこういうカバーを撃っていく釣りになるのかな~と釣り進めていきました。

トゥイッチに反応

釣り進めていくと、岩盤+レイダウンのエリアでボイルが連発していたので色んなリグを投入しますが全く反応してくれない。汗

そこでスーパーホバリングフィッシュ(ティムコ)をノーシンカーでキャストし、2回ほどトゥイッチすると目の色を変えてバスがカバーから飛び出してきてスプラッシュバイトしてくれました。サイズは25cm~35cmくらいのが4匹、遊んでくれました♪

”これで釣れるなら”と別のワームで試すも、ギリギリ口を使ってくれない感じで。

その後、ホバリングフィッシュだとバイトしてくれたので食べてるベイトフィッシュのサイズもあってピッタリだったのかな~という印象です。

その後、バイトが途絶えたので別エリアに向かいました。

ホバ狂い

フローティングカバーを中心に釣りを展開すると、ほぼ確実にバスが付いてる感じで、”この子たちをどうやって口を使わすか”と考えまして。

ですが、パワーフィネスで入れても全くバイトしてくれなかったので、ホバストを試してみることに。

ワームはフィッシュローラー3インチ(レイドジャパン)。フローティングカバーの先に投げて、フワフワさせながらカバーの横を通すと、バスがすっ飛んでくるわけです!

狂ったように40アップが3連発で、自分が一番びっくりしてました。笑

じゃあミドストならどうなんだろう…と試すも見向きもしない。

ホバリングフィッシュやヴィローラならどうか?と試すも、こちらもイマイチ。

この日に限ってはフィッシュローラーが良かったのかな?という感じでした。

丸呑みでした!

ちょうど3インチくらいのベイトも追われていましたので、マッチザベイトだったのかな。

その後は…

時間を変えて同じ釣りを試すも、バスのスイッチがなかなか入らない感じでバイトが遠くて。汗

もう1本追加出来たらな~と思いつつも、タイムアップとなり納竿でした…。

夏に1人で来ると、いつも夕立ちに遭うんですよね。汗

この日のまとめ

ということで、濁りに期待した日でしたが、結局はそことは真逆の展開での釣行でした。

意地になってシャローカバーに固執しなかったのが良かったのかな( *´艸`)

次は違う釣り方でも楽しみたいと思った日でした。

それでは!

Thank you for reading!!




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です