【千代田湖】カバー調査&今の現状

スポンサーリンク

 

みなさん、こんばんは!!

Ryoです。

本日は千代田湖に浮いてまいりましたー!

 

(5時出船のところ、普通に寝坊して6時半出船でした。汗)

 

今年の千代田湖、もはや一発大物狙いしかなくなってきている…と思っているのは私だけではないはず。

ということで今日は、カバーのみに狙いを絞り、釣りを展開することにしました。

果たして…!?

 

[ページにいいねをしていただけると毎日新しい記事をお届けできます。あと私のテンションがあがります]

いつもの私なら寝坊した時点でめっちゃ焦りますが、ここ最近の千代田湖事情を考えるとなんとなく大丈夫かな?って。笑

そう思ってしまうくらい、タフです。

朝起きた時点で、気持ちいいくらい快晴だったので、開き直った私はボート準備を丁寧に行い、ゆっくりスタートしました。

 

[写真は千代田湖 ダムサイト]

 

水位が冬以来、30cm弱の減水をしています。また、昨日の暴風によりかなりの濁りも入り。

良い水とは言えないかな~

 

今回のメインエリアは

 

スポンサーリンク

 

水に覆いかぶさるウッドカバーから、浅いといえどもバスの入る隙間がありそうな葦際。

とりあえず朝はフロッグをやたらと投げて、昼間はテキサス&カバーネコでシェード狙い撃ちました。

 

・・・にしてもまぁ、釣れない。笑

そんな情報を交換したのが、先日の千代田野郎第2戦でウェイイン前に56cmをロケットさせるという奇跡をおこした、おかさん。

今日も通常運転でした!

結局、ワンバラシのみ!!

 

午後、白山荘桟橋横のウッドカバーにてカバーネコをしていると明確にゴン!!とバイトがあったので思いっきりフッキングするも木化け。

ルアーは、ドラクロみみずぅ。

 

カラーは違いますが↓。笑

 

 

この後は本当になんもなかったです。

 

千代田湖、今の現状

ビッグバスとマメバスが入り混じるフィールド。

その中間がまったくいない感じです。

やはり冬の間に鵜に食われてしまったのかなと思います。

 

 

その証拠?にギルなどの稚魚が自由に泳いでます。外敵がいないからだと思います。

さらに順調に育ってきているウィードにも相変わらず魚の影がない。

推測の域を出ませんが、今日釣っていてもキーパーサイズを見たのは2匹のみ。

あと見たのは全部45cm以上という。笑

数釣りが出来ない千代田湖。一発狙いのフィールドになりかけているのは間違いなさそうです。




≪ページにいいねをしていただけると新しい記事を毎日お届けできます。あと、私のテンションがあがります。≫


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です